【出展情報】『直接行動(ハプニング)を待ちながら』

ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校の展覧会『直接行動(ハプニング)を待ちながら』に出展します。

http://shin-geijutsu.site

 


main_170112

密室のなかの直接行動ハプニング

新芸術校という新しい現代美術の実験も2年目に入り、再びその「成果」を世に問うことになる。新芸術校第2期が過ごした2016年は、なによりもまずこの世界が、この現実そのものが、度重なる「事件」の連続によって動いていた。Brexitからアメリカ大統領選の顛末を、人々が「ポスト真実」という流行語によってなんとか状況を呑み込もうとしていた矢先、トルコ、ドイツ、スイスで立て続けに起こったテロが、「ポスト真実」などという悠長な現状分析を粉砕した。おそらく21世紀のなかでも大きな転換点であったと語り継がれるだろう2016年という「事件」の年に、現代美術は蚊帳の外に置かれたままだった。

新芸術校第2期もまた、あまりにも激しく揺れ動く現実に対して、その「内部」においてではなく、「外部」で「事件」を起こしていた。たとえば2016年の12月、第2期生の秋山佑太やじょいともら数人が中心メンバーとなって開催した『BARRACKOUT』展は、オルタナティブスペースを用いた若手のグループ展として新たな方向性を示し、1ヶ月で約1000人の入場者が訪れる話題の展示となった。『BARRACKOUT』展では、新芸術校で学んだオルタナティブ・アートのメソッド(すなわちカオス*ラウンジのメソッド)を応用して、いささかフライング気味に、国内のアートシーンに直接介入することを企てたのである。

さてそれでは、第2期の成果展は「内部」の発表会に過ぎず、「外部」の「事件」に対して無力なままなのであろうか。そうではない。現代美術とはそもそも、移りゆく現実世界という「外部」に対して、独自の関係性を持った「密室」であったはずである。現代美術は、「密室」であることによってこそ、ジャーナリズムともアクティビズムともアカデミズムとも異なるテリトリーを確保してきたのだ。

かつて、この国の前衛美術家たちは、現代美術という「密室」のなかで「事件」を起こすことを「直接行動ハプニング」と名づけた。果たして、新芸術校という「密室」のなかで「直接行動ハプニング」は起こるだろうか。(黒瀬陽平)

 


ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 標準コース 第2期 成果展

『直接行動(ハプニング)を待ちながら』

会期:2017年 2月 5日(日)~ 6日(月)
日時:2017年 2月 5日(日)13:00-17:00
2017年 2月 6日(月)13:00-20:00

ニコニコ生放送による講評会無料中継
2月 5日(日)20:00-21:30
審査員:会田誠、岩渕貞哉、堀浩哉、和多利浩一、黒瀬陽平
http://ch.nicovideo.jp/genron-cafe
※会場でのご観覧はゲンロン友の会上級会員に限らせていただきます。


<アクセス>

ゲンロンカフェ

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F
03-5719-6821 (ゲンロンカフェ店舗)
03-6417-9230 (ゲンロン事務所)

JR・都営浅草線・東急池上線五反田駅西口から徒歩3分
東急池上線大崎広小路駅から徒歩4分

五反田駅西口を出て左側(池上線寄り)の通りを大崎広小路方面に直進し、橋を渡った先にある「天下一品」「松屋」と同じビルの6Fです。

ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ

〒141-0022
東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F

JR・都営浅草線・東急池上線五反田駅西口から徒歩約8分